足りない栄養を補える|血行改善が冷え性を治す!|サプリで楽して治しちゃおう
婦人

血行改善が冷え性を治す!|サプリで楽して治しちゃおう

足りない栄養を補える

粉とサプリメント

ミドリムシは、地球の原始時代に光合成を行う細菌を取り込んだ一次共生藻類が、緑藻と紅藻との二次共生により葉緑体を獲得し、鞭毛を使い移動する単細胞微生物として進化を遂げて来た生物学上の特徴があります。その為、ビタミン類やミネラル類といった植物性の栄養素だけでなく、アミノ酸や不飽和脂肪酸など動物性の栄養素など全長わずか0.05mmのミドリムシの体内に全部で59種類もの栄養素が蓄えられています。ミドリムシは、食用家畜の様に下界からエサを得る必要が無く、二酸化炭素と水、光など好適環境下では体内の葉緑体で光合成が行われ増殖する事が可能な生物です。その為、ミドリムシの10億匹程度で人間が1日に必要とする栄養素を賄う事が出来、世界保健機関やユネスコなどの公的機関でも注目されている生物です。

ミドリムシは、人間が分解不可能なセルロースで構成される細胞壁が無く、人間の酵素で消化可能な細胞膜のみなので栄養吸収率は約93.1%と非常に高い点やパラミロンの様々な効果が人気の理由です。しかし、ミドリムシにはパラミロンの他にアディポクチネンやシスティン、脳内伝達物質などを増加させる有益な効果も期待出来ます。アディポクチネンは、長寿ホルモンや若返りホルモンとも呼ばれる脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンとされ、インスリンレセプターが不要な糖取り込み促進作用や新陳代謝の促進作用に加え、近年では破骨細胞抑制作用や骨芽細胞促進作用による骨量増加作用、真皮ヒアルロン酸合成促進作用、抗動脈硬化作用、抗ガン作用などの有益な効果も期待されている物質です。何よりも、日本人の大半が、血中アディポネクチン低値の遺伝的素因を持っているので、積極的ミドリムシを摂取する事で不足分を補うべき栄養素とされています。